PR

そのカラー似合ってる?あなたに似合うヘアカラーをずばり言うわよ!

ヘアケア方法

こんにちは、

美容師兼オーナーのSHUです。

今回は、「あなたに似合うヘアカラーずばり言うわよ!」についてです。

美容室にいってヘアカラーをするときに、「何色したらいいか決まってますか?」など声かけがあるかと思います。

その時にやりたい色があったとしたら、その色は自分に似合うのかってわからなくないですか?

今日はあなたに似合う色について語っていこうかと思います!

まずは簡単な私のご紹介。

美容師兼オーナーのSHUです。

オーガニックを売りにしているサロンを経営してます。

私自身はオーガニックライフを心がけていて、少しずつ変えられるものは変えていきましょう!みたいなスタンスでやってます。

なのでゴリゴリにオーガニックを推す感じでもないのでご安心を!

でもオーガニックのよさとか、みんなが使ってくことで環境が良くなっていったらいいなと思っていますので、少しでも興味もってくれたら嬉しいなと思います。

よかったら最後までみていってくださいね!

[このブログはプロモーション含みます]

自分に似合うヘアカラーがわからない方は参考にして!

ヘアカラーって何色にしたら自分に合っているのか。

流行っているからってそのヘアカラーにして大丈夫なのか?

などヘアカラーの悩みって結構あると思います。

今回はそこの悩みについてご紹介していきたいと思います。

ヘアカラーの基礎知識!

ヘアカラーって一言でいってもいろんな色がありますよね。

まずは色について簡単に説明しますね。

色には、

  • 色相
  • 明度
  • 彩度

があります。

色相とは、赤や青、黄色などの色味の事です。

そして、暗い色~明るい色などを明度って言います。

色でいうと黒~白って感じです。

引用:[https://hazideza.com/3color/]

でもヘアカラーで白にする人はあまりいません。

というか非常に大変です。

ですので、ヘアカラーでいうと黒~こげ茶~オレンジっぽい茶~黄色っぽい茶~でブリーチするたびに白くなっていきます。

そして色の鮮やかさが彩度です。

引用:[https://blog.iro-dori.net/useful/color/12359/]

これは例えばピンク!と一言でいっても、薄いピンクや濃いピンクなど様々ですよね。

ヘアカラーでいうと彩度の低い(薄い)色はブリーチが必須となります。

自分の肌の色でヘアカラーを決めるパターン

ファッションを決めるときも、ヘアカラーを決めるときも自分の肌の色や目の色などによって色を決めることも多いです。

例えば、色白の方は寒色系(青や紫、緑)のヘアカラーをすると顔色が血色悪くみえてしまうことがあります。

なので、どちらかというと暖色系(オレンジ、ピンク、赤系)がおすすめです。

色がこんがり日焼けしてるような色黒の方ですと、暗い色よりは明るめのヘアカラーがおすすめです。

画像はちょっと借り物です。

画像で説明させていただきます。

色白、色黒に似合う髪色発表!

色白さんと色黒さんに似合う髪色を発表します。

色白さんは、

  • サーモンピンク
  • ピンクベージュ
  • ホワイトベージュ

などが似合います。

色黒さんは、

  • ラベンダーベージュ
  • ミルキーベージュ
  • グレージュ
  • ホワイトベージュ

などのベージュ系がおすすめです!

引用:[https://www.pinterest.jp/pin/614741417880431007/]

ヘアカラーを服の色で合わせるパターンがコスパにも優しい

ヘアカラーはファッションによっても合う色が変わってくるでしょう。

女性の方はメイクを変えるだけでヘアカラーに合わせられるというのもありますが、服もメイクも変えるとなるとそれなりにお金がかかってしまいます。

なのでコスパよくいくなら、今持っている服に合わせるのが良いかと思います。

まず今もっている服が何色が多いのかを確認してみてください。

[暗い色が多い人]

明るめのカラーというよりは暗めのカラーにすることをおすすめします。

でも明るめのカラーにしたい!という方は、インナーカラーなどで内側だけ明るくしたりするのもおすすめです。

個性的な感じで目立ちたい方はあえて全体を明るめにするのでもいいかと思います。

ですが青い髪やマット系(緑)などは避けるのがいいでしょう。

[明るい色が多い人]

明るめの服が多い人は色白の方が多いです。

ですのでヘアカラーも彩度の高い色が似合うことも多いです。

ブリーチをして明るめにしてから、薄めにピンクやベージュ系といった色で染めるのが似合いますよ!

ヘアカラーは流行っているから自分も似合うとは限らないから注意!

ヘアカラーは流行っているカラーをやりたい気持ちはとてもわかります。

だからといって自分に似合うとは限らないので注意が必要です。

近年の傾向ではブリーチをつかって染めるのが流行っています。

ハイライトやバレイヤージュ、インナーカラー、アンブレラカラーなどいろんな染め方がありますが、ほとんどがブリーチをつかいます。

ここではこれらがどういう染め方なのかは詳しく説明しませんが、ブリーチを使う施術ははじめは良い色でも2週間くらいしたら金髪になってしまいます。

そのため良い色でいられる時間よりも金髪でいるほうが多くなります。

なので金髪が似合う人ならいいでしょう。

でも金髪は似合わない方も結構いるため、後の事も考えないといけないので、流行にのればいいというものでもないでしょう。

まとめ

似合うヘアカラーは何か?について書かせていただきました。

まとめると、

  • 肌色で選ぶ
  • 服の色で選ぶ

この2点で選ぶことがいいです。

そして注意は、ブリーチをつかうヘアカラーです。

流行っているからといってやってしまうと、金髪でいる時間の方が多いのでそれでも似合うのかどうかを考えて染めましょう!

コメント